土鍋:陶芸家 飯田浩丈さん

今朝は茅ヶ崎、赤羽根の陶芸家さんに会いに行ってきました。
『赤羽根陶芸倶楽部』を主宰されている陶芸家、飯田浩丈さんです。

以前撮影のための器をお借りしたのがご縁で、
我が家のごはん炊き用土鍋は飯田さんの作品。
すっきりした形と大きさで使いやすく、
何より美味しいごはんが炊けるのでとても気に入っています。
それに、お店で使うのならば使い慣れたものが良いな…ということもあり、
今回大きめの土鍋を作ってもらうことになりました。
(我が家には炊飯器というものはありませんので、
いつも飯田さんの土鍋でごはんを炊いているのです…!)

そうそう、
はじめの頃にちょこっとお話しましたが、
ランチはパンではなくごはんでやるつもりです。
コンセプトが地産地消なので、
できるだけ国産のもので出したい、できれば湘南、茅ヶ崎のもの…
ということで小麦粉より米なのです。
ちょうど、私がチームに入っている『おいしい茅ヶ崎』でも今年度は「お米」がテーマ。
(私もお米レシピで連載しています^^)

ずっとフランス料理ばかり勉強してきたので、
フランスの田舎料理でごはんに合いそうな煮込み系や
カレーのような感じのランチを出すつもりです。


そういうわけで、土鍋が必要。
炊飯器で炊いたのではまったく味が違ってしまいます。

実は土鍋は2つありまして、
ひとつは以前珈琲カップを購入した伊集院さんのもの、
そしてもう一つを今日飯田さんにお願いしてきたのです。

黒い土鍋2つ。
でも全く違う形!
本当に器は「その人」がでますね。笑

出来上がったら紹介したいと思います^^
[PR]

by suzunokicafe | 2009-05-14 23:44 | 作家・お店  

<< コーヒー「研修」 ドリンクメニュー苦戦… & ハ... >>