ギャラリー

もともと、画廊にしようとしていた物件なので、
お店の壁はギャラリースペースにしようと計画中です。

絵、写真、布、器…

そんなに広くはないけれど、
いろんなジャンルの、いろんな人の作品を飾れたら
嬉しいです。

私の絵も、飾れるレベルになったら飾ります。笑
[PR]

# by suzunokicafe | 2009-03-02 23:41 | アート  

食べ物の仕事をしているからか、
母が好きで実家にたくさんあるからか、
食器がとても好きです。

3000円のTシャツは躊躇するけど、
お皿なら買ってしまう。。。

そんな私がお店をやることになったら、
どうなるのか怖いので、
先に予算を決めときました。苦笑


ランチは扱いやすいもので、
ティータイムのカップは地元の作家さんのものを集めようと思ってます。

これから3,4月は挨拶回り。
素敵な器に出会えますように!
[PR]

# by suzunokicafe | 2009-03-02 23:38 |  

椅子

家具は作るにしても、買うにしても
気に入るものに出会うためには
早めに動かないといけない…と思い
いろんなところを探していたら、

素敵な椅子が手に入りました。

古いけど、状態はよくて、
一目惚れ。

信頼できるアンティーク屋さん
8脚も手に入れてくれたのです。

イメージ通りで、想像以上の椅子。
写真がないので、お楽しみということで。

次はテーブル!
テーブルは作ってもらうことに。
現在相談中です。。。
[PR]

# by suzunokicafe | 2009-03-02 23:31 | インテリア  

図面

図面書くのはプロの仕事ですが、
自分でいろいろ考えながら
あーでもない、こーでもないと
レイアウトを書くのは楽しい。

動線とか、
厨房の中とか、
席の配置とか。

書いてると
ここにはこれが必要、とか
こっちむきのがいいとか出てくる。

明日は工務店さんと打ち合わせです。
[PR]

# by suzunokicafe | 2009-03-02 23:24 | 内装など  

ごはん

ランチはやります。
あとはお茶とおやつです。

ランチタイムはごはん(お米)と洋食で考え中です。
カレーとか煮込みとか…イメージしていただければ。笑

私がごはんが好きなのと、
お米ならこの辺で作っているからです。

それから、
地元から田んぼがなくなってしまったら悲しいからです。
[PR]

# by suzunokicafe | 2009-03-02 23:21 | メニューのこと  

地産地消

ここ数年間、地元のポータルサイト
「湘南スタイル」に関わって、
やっぱり地域内でできることは
地域内でやる方が良いな…と実感しました。

できるだけ、茅ヶ崎、湘南のものを。
だめなら県内、関東、国内…と
無理のない範囲で近くのものを使っていきたい。

外国のものを使うのでも、
地元のお店から仕入れるようにするとか
そんな形でゆるやかに地産地消を目指します。

無農薬とか体にいいもの、というのは
常識の範囲内で。
と思っております。

たとえば、インスタントの顆粒出汁を使わないとか、
あからさまに農薬がたっぷりの季節外れの輸入物を使わないとか、
そんなことです。

完全オーガニック…というわけではありません。
無農薬のものを遠くから仕入れて、
たっぷり燃料使うのもまた良くないことだと思うのです。


基本は近くから。
それだけです。
[PR]

# by suzunokicafe | 2009-03-02 23:18 | コンセプト  

はじめまして

こんにちは、ヨシムラチエです。

今年になっていろいろありまして、
茅ヶ崎で小さなカフェをオープンすることになりました。

茅ヶ崎と言っても海とは全く縁のない、
北口の細い路地を入ったところ。
15席ないくらいの静かで小さなお店にする予定です。

名前は「すずの木」と申します。

場所の持ち主である、祖父母の名前が鈴木…というのが一番の理由ですが(笑)、
ヨーロッパなどの並木道に植わっている
「スズカケの木(プラタナス)」の意味もあります。
大きな葉っぱと、かわいらしい鈴のような実のなるプラタナスは
街に木陰を作るので、
その下にはベンチやカフェなどが多くあるように思います。
そんな風に、街の中のちょっとした憩いの場所にできれば…
という思いも込めて。


自分の生まれ育った街で
こうしてお店を作ることになったことは
本当に、とっても嬉しいことです。

だから、できるだけ地元の人たちと関わりながら
お店を作って行きたいと思っています。


今年の夏、無事オープンできるよう、
どうぞ見守ってやってください。

よろしくお願いいたします。
[PR]

# by suzunokicafe | 2009-03-02 22:50 | ごあいさつ