<   2009年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 

解体

ゴールデンウィーク前、ギリギリに解体工事はいりました。

解体工事と言っても何から何まで壊すわけではありません。
これから工事に入るための見積りを作るため、
実際床下がどうなっているのか、
壁の中のどこにどんなものが入っているのか、
配水管はどこにあるのか…
などを調べるための工事でした。
(建物の図面があれば壊して調べる必要はないそうです。)

例えば、
床下にスペースがあれば配管を下に通すことができ、
キッチン部分をあまり高くしなくても済むとか、
壁が厚ければその中に管を通すこともできるとか…いろいろです。


結果としては、床下はしっかりコンクリート。
これを壊すのはとても大変なので床材、配水管などは全て現在の床のうえに作ることになりました…。
壁も幅がなかったため、壁の中を通すのも無理!
ただ、床のうえにはってあった絨毯はすんなり剥がれましたー。
よかった…

今日は少し現場に顔を出しに行ったのですが、
職人さんはやはりすごいですね。
(太めではありましたが)普通のカッターで薄いベニヤ板みたいのを切っていたのは
結構衝撃でした…。
素人が見てると「手、切らないで…!」という気分になる。
でももちろん切ること等なく、2人だけで絨毯やらその下のシートやらをはがし、
備え付けのシンクや壁も取り外し、
夕方顔を出した時にはすっきりきれいになっていました。

写真もちょっと撮ったので、明日にでもアップします。
今日はバッテリー切れ。
おやすみなさい…
[PR]

by suzunokicafe | 2009-04-30 23:59 | 内装など  

ハーブ:アールグレイ

今日は茅ヶ崎の「アールグレイ」さんに、ハーブを買いに行きました。
アールグレイはこの辺りでは一番のハーブの専門店。
苗木やドライハーブはもちろん、アロマオイル、エッセンスや本まで
ハーブのものをたくさんそろえているお店です。
オーナーご夫妻もとても親切でいろいろと教えてくださるので時々顔を出しています。

今回、私が探しに行ったのはハーブの苗。
ハーブティーにしたり、料理やデザートのアクセントにしたりするハーブを
そろそろ育てないと間に合わないので急いで買いに行きました。
(本当はもっと春先から育てようと思っていたのですが…)

ハーブティー用はミント3種類、カモミール、レモンバーベナ、レモンバームなど。
そして料理用にバジルやイタリアンパセリ、ディル、チャービル。
もちろん、ローズマリ−とタイムも買いました。
ルッコラなども売っていたのですが、伊藤さんのところでも作っているし…
野菜系はプロに任せることにしました。

とりあえず庭(実家の…笑)のいろんなところに植えて待つことに。
夏までにミントは少しは増えるかな…。
バジルは早めにペーストなどにしてしまおうか。

ハーブの楽しい使い道を考えます^^
[PR]

by suzunokicafe | 2009-04-29 22:51 | 作家・お店  

何をどう見せたいのかということ。造園。

初めて、強羅花壇へ行きました。
お世話になっている陶芸家さんの展示があり、
作家さんたちにお供させていただいたのです。

ゆきとどいたサービスっていうのは、こういうことか…と勉強になりました。
出過ぎず、ほどよい笑顔と声のトーンと、
隅々まできれいに掃除をしてある建物と。

ラウンジは山の斜面に面しており、
まるで山の木々に包まれているような気持ちにさせてくれました。
こういうところだと、部屋はシンプルな色にまとめられ、
窓の縁は木、そして風景が「絵」。
みんな静かに、自然の中でリラックスしにきている…そんな感じでした。


素敵だなぁ〜とくつろぎつつ、
すずの木の大きな窓から見える景色を想像してみました。

何度も言いますが、すずの木は「ラーメン横丁」にあります。笑
車も通らないような路地です。
太陽の光はお昼の時間に少しはいるくらい。
他の時間は前の道の建物で遮られてしまいます。

ですから、陽の光の気持ちよいカフェというのはまず無理。
明るくて優雅、とかシンプルでモダンとかも違います。
やはり「路地裏のちょっと隠れ家的なお気に入りの場所」くらいの感じになるのでしょう。

そうすると、窓から見える景色は…?
窓のうえの方からは前の建物。
お店の奥の方からは、店の前を行く人を遮る程度の垣根。
カウンターの席の人からは、とくに「緑」が見えるように。
目隠しも必要でしょう。

カウンターの前にはちょっとしたテラスがありますので、
そこには鉢植えを置きます。
そしてテラスの外側に垣根を植えます。
1本くらい背の高い木も欲しいところです。
バランスよく、きれいに、お店の雰囲気にあった木や鉢植えを選ばなくてはいけません。

私にはこんな感じがいいな…というイメージはありますが、
植物の名前や、どのような土地にあうかなどは全く無知ですので
よくわかっている人に相談しないと難しいでしょう。


ということで、やっぱりプロにお願いすることにしました。
藤沢あたりにいらっしゃる造園屋さんで、とても素敵な方がいるようです…
これから紹介してもらいます!


でも、造園のコストってどのくらいなんだろう…
予習しなくては。。。
[PR]

by suzunokicafe | 2009-04-28 23:49 | コンセプト  

買物メモ:ガラスのおちょこ???

今日は仕事帰りに鎌倉のアンティークショップへ。
目的はガラスのショットグラス!

テーブルの上の植物用に何かちょうど良いものがないかなぁ…と
探しに行きました。
はじめはショットグラスと思っていたのですが
意外と無地のものは少ないのと、
やはりもう少しポテッとしていた方が用途にあっている気がしたので
おちょこが広がったような形のガラスの器にしました。

これから、この器に素敵な植物を作って(?笑)もらいます…!
形が見えてきたら紹介しますね〜。
[PR]

by suzunokicafe | 2009-04-27 23:28 | インテリア  

練習

昨日、今日と以前お話した藤沢のi→pさんのイベントでした。
10人も入ればいっぱいになるアットホームな空間で、
地元のお野菜やみやじ豚を使って、
地元の陶芸家さんの器で私がお料理を作るという内容です。

土、日ともほぼ満席で、雨の中、風の中いらしてくださったみなさま、
本当にありがとうございました。

今回のイベントでは料理は私ひとり、サービスはi→pの鈴木さんお一人、
というかたちでしたのではじめはバタバタしました…が
2日目はわりと落ち着いて、スムーズに運営できたようです。

一人で10人分の料理を仕込んで、仕上げて、盛りつけて、お皿を使い回して…
というのはお店の練習にもなったようでありがたかったです。

レストランでの仕事はチームプレーですから、あまり一人で全部やることはありません。
でも、すずの木は私含めて2人くらい。
とするとなにかあれば一人でやらなくてはならない時もあるかも…

そういう時は早く動くことより、
頭を極力静かに冷静にして、全体から優先順位を決めるのが一番です。
そんな、精神的トレーニングです。笑

今日は勉強になりました!


イベントの写真はありません…。
お客様のブログかなにかがあればリンクします^^



すっごくいい写真の人のブログ、ありました。笑
いつも撮影等でお世話になりっぱなし、フォトグラファーの松永氏のブログです。
見てくださいね〜。
[PR]

by suzunokicafe | 2009-04-26 23:40  

看板デザイン

AIZEN STUDIOさんから看板デザイン案が届きました。

以前こんなのがいいなー、と簡単に描いたものをもとにして 、
こんなによく考えられるな…!というくらい素敵なデザインがいろいろありました。
あまりいろいろあると迷ってしまうのですが、笑
そういう提案ができるって素敵です。プロですね^^

かなり迷ったあげく、木をモチーフにしたデザインとティーカップを上手くあわせたものにすることに。
「すずの木」の名前を素敵に表現してくださったデザインです。
気持ちも嬉しいですし、それを作れることがすごい。笑
作家さんに頼んでよかった…!と本当に思いました。
[PR]

by suzunokicafe | 2009-04-25 23:20 | インテリア  

床材に悩む

床を木にするというのははじめから決めていたのですが、
あまりにも自分が木のことに無知であると
本当に選べないです…

そこで設計士さんと工務店さんに相談しているのですが、
選ぶのにもいろいろと基準があるようです。

もちろん予算を気にしないのであれば、堅くて色も良くて、雰囲気のあるものにすれば良いです。
ただ予算が決まってしまっているとその中でやりくりしなければならない。
そこで、まずかなりお手頃価格のものを紹介していただきました。
ベニアなので色は塗装で、表面はコーティングすればまあ大丈夫だろうということ。
安いものはそれなりの良いところはあり、無垢と違って反り縮みはあまりないのだそうです。

ただ、やはりそういう床は耐久性が弱いようで、
結局途中で貼り直しが必要になったり、メンテナンスが必要になったりしてしまうのだそうです。

そこで今度は値段はだいぶ上がるけど、もっと堅くて持ちの良い木を紹介していただき、
それと比べてみることになりました。

こっちは木の色がそのまま出てくるので、色がそれで納得がいくか、
そして価格が大丈夫か…という問題です。


とりあえず、サンプル待ちです。
[PR]

by suzunokicafe | 2009-04-25 23:12 | 内装など  

ホームページ

今は準備ブログですが、
お店が始まったらちゃんとホームページもオープンする予定です。

ホームページとかショップカードなどは
お店のイメージを作ってしまうのでかなり大切ですよね。
お店の雰囲気も料理もデザインも全てよければそれにこしたことはないですけど、
全部自分で考えていたら頭と体が持ちません…
ある程度は人にまかせてしまう方が上手くいくようです。

そこで、はじめは自分で作ろうと思っていたホームページも
やっぱり人に頼むことにしました。
私は料理は一応勉強してきて、イラストとかも少しは描きますが
デザインばかりはどうも…ひどいもんです。
ソフトをつかってホームページを作れても、全体をきれいにまとめるっていうのは全く違うんですねぇ。

今回はレトロフォントマニア(笑)のデザイナーさんに、全体のイメージの相談をしつつ、ホームページを作ってもらいます。
これから全体の雰囲気を決め、内容なども細かく決めます。
(よろしくお願いします!)
写真もいつも料理の撮影等でお世話になっている2人のフォトグラファーにお願いするつもり。
(というか撮ってください。笑)

また打ち合わせが進んだら、彼らも紹介しますね。
みなさんかなりの腕利きです!信頼してます^^
[PR]

by suzunokicafe | 2009-04-24 23:31 | こまごま  

予算配分

ガス屋さんからガス機器と工事の見積りがきました。
来週中には内装工事のための解体も始まり、
それを見たうえで、工務店さんからも細かい見積りがきます。
看板を頼んでいるアイアン・ワークの作家さんからももうすぐ届くでしょう。

いろんなところから見積りがどんどん来るわけですが(苦笑)、
はじめにどの部分にどの程度お金をかけるか、かけていいかを
自分の中で決めておかないと見積りをうまく見ることができません。

私はあまり数字に強い方ではありません…
ですが、やはり一番始めに全体の予算があって、
その中で大まかに振り分けてはあります。

何冊か本を読んで勉強したのと、自分で必要だと思ったものの分類によると、

-内装、外装
-厨房機器
-インテリア
-食器類
-調理道具
-宣伝ツール(看板、HP、ロゴ)
-紙系(メニュー、ショップカード、お知らせのはがき等)
-事務用品やレジ周り
-食材関係、試作
-その他

こんな感じに分け、その中でまず大きなものから値段をしらべて大まかな予算配分をしました。
そうすると、自分がどこにお金をかけたいかが見えてきて、
使ったお金とその部門に残っている予算も見えます。

衝動買いの可能性の高いアンティークものは、
あらかじめ予算を頭に入れておけば「よし、これ買います!」と言えますし。笑

予算を組むというのは、外から見ればあたりまえのことですが
実際に、お店をやろう…!と思った時には物事が一気にすすむので、
進める前にきちんと管理しておくことが大切だと実感しました。

でも、実際に見積りをもらってみると、予算を伝えたつもりが思ったより高かったりすることも…
予算をひとつひとつのものに対して言っていた場合、消費税とか取付け工事とか、
倉庫保管費などが抜けているんですね。
あ…と、思ってもそこは仕方がないので他とのバランスをみて考えたり、
もう一度値段を交渉したり。


とにかく「ここはゆずれない」というところを決めておくと、
値段のメリハリを付けることができるようです。

私の場合は、お店の雰囲気が第一。
(全ての素材の質を良くしたいのは山々ですが、それは予算の許す範囲内で…)
お店全体のバランスがよく、おちついた感じにすることが大切です。
器やお客様の周りのものはあまり安っぽくしたくありません。
そのかわり、調理器具や裏の(味に影響がない)ものは中古や安いお店で探したり、
ゆずっていただいたり…。
欲を言えば、性能のいい素敵な調理器具に囲まれて仕事したいですけど…
それはとりあえず我慢して、後々手に入ればいいか…と。

工事が始まると、平行して細かい買物を始めなければいけません。
それまでにもう一度予算編成の見直しをします…!
[PR]

by suzunokicafe | 2009-04-23 23:29 | 厨房関係  

松本の喫茶店:珈琲まるも

松本のつづきです。

先日の日帰り旅の一番の目的は、松本にある古い喫茶店「珈琲まるも」でした。

創業50年くらいの古いお店ですが、松本民芸家具をはじめ、電気や食器なども民芸の素敵なものを使っていてとっても味があります。
(松本民芸家具の創設者の方が設計したそうです。)
すずの木を民芸喫茶にしたいわけではありませんが、雰囲気はとても好きなので
何か勉強になれば…と思ってでかけました。
内装の色合いは(松本民芸家具が黒っぽい茶なので)かなり濃い色ですが、
床は少し明るめの色で、そしてなんと、すずの木でやろうとしている床、そのままのようでした。
(木の素材は違うかもしれませんが…私にはわかりません。苦笑)

さすがに古いお店なので、床板は歪んだり色がちがったりしていましたが、
それはそれで時が刻んだ味があって良かったです。
たくさんのお客さんがこのお店で過ごしていったのだなぁ…と思うくらいで、汚いようには思えませんでした。
予想外にすずの木の床の雰囲気をみることが出来てしまい、良かった^^

至る所に本棚等の家具があり、画集や音楽集が並んでいるのも参考になりました。
アイディアとして良いな…と思ったのは、雑誌や新聞と一緒に虫眼鏡も置いてあったこと。
薄暗い店内なので、少し目が悪いと何かを読むのは大変ですものね。

すずの木は茅ヶ崎なのでもう少し明るいイメージにしますが、
夕方はきっと本を読むのが難しい方もいらっしゃることでしょう。
簡易眼鏡とか虫眼鏡など(市役所みたいですね…)、用意してみようと思います。

老舗は勉強になりますね…!
[PR]

by suzunokicafe | 2009-04-22 23:19 | 作家・お店