カテゴリ:厨房関係( 8 )

 

落札 or 新品...?

厨房機器は基本的に中古を手配しています。
ただ、やはり中古なので欲しいものの、
欲しいサイズがすぐに手に入るわけではありません。

私もまだ2槽シンクと、作業台が決まっていない状況です。
こういうものは冷蔵庫などと違い、新品で買ってもそこまで高くはありません。
なので、ギリギリまで待ってみて
だめなら新品、というところです。

骨董、リサイクル業界は金曜日がオークションの日。
今朝リサイクルショップの方から確認の連絡をいただきましたが、
ちょうど良いサイズが出たかどうかはまだ分かりません。
出たのか、落とせたのか…
どうだったのかな〜
[PR]

by suzunokicafe | 2009-06-12 23:51 | 厨房関係  

電化製品

目下の悩み。
中型の電化製品をどこで入手するか…。

ストック用冷蔵庫、冷凍庫、電子レンジ、保温ジャーなどなど、家庭用品。
ひとつひとつはそこまで高くないけど、
まとまるとなかなか辛いです。。。

● 家電量販店→まあまあ安い+ポイントと保証がつく
これは最後の手段にとっておきます…。冷蔵庫を買ったポイントでミキサーも買えたりするので便利は便利です。

● ネット→そんなに安くもないから、量販店でも良いかも。
オークションで落とそうと思ったけど、
私は5000円までしか入札できないのでだめでした…

● リサイクルショップ→信頼のできるところならあり。厨房機器を頼んでるところにあればよいのだけど…。あとは、欲しいものがあるとは限らないのが辛いです。

● 友人→捨てようと思っているものがあれば、ゆずってください…!
現在すでに打診中のものあり。笑  
冷蔵庫は貰えそうだったのにサイズがだめでした…


がんばって探しま〜す。
[PR]

by suzunokicafe | 2009-06-09 23:35 | 厨房関係  

やっと、かっぱ橋。

職人さんがお仕事をしている間、
私はかっぱ橋へ…!

お店のことで動き始めてから、
実は今日がはじめてのかっぱ橋です。

なんで今まで行っていなかったのかというと…
ちょっと遠い+できれば地元で買いたい!
という気持ちもありましたが…
「行ったらなんでも欲しくなって買ってしまう」から
自粛していたのが一番の理由です。。

いやー、本当にギリギリまで行かなくて良かったです。
だいぶコンセプトやメニュー構成、
そして、作家さんや地元のお店で手に入れたものなどで
イメージもかたまってきているので
今なら『本当に必要なもの』を買うことができます。笑

今日はしっかり時間をかけて、
端から順に欲しいものの値段をチェックし、
一番安い、又はサービスの良いところへ戻って
なるべくまとめて(送料が…)買うことにしました。
結局買ったのは2店のみ。
その他はもう一度ギリギリに来るために、
値段をチェックだけしてきました。


そして、本日の目玉(?)は?
ケーキ用のミキサー。「ケンミックス」ですね。
でもケンウッド製ではなく違うメーカーです。
ネットで買おうかと思ったのですが、
専門店の方が今後何かと便利なのでお店にしました。
デザートを作るならこれは必需品です。
ハンドミキサーでも作れますけど、
ずっと付きっきりでいなければならないので人数が少ない時はダメなのです!

後はマニアックなものなので割愛します。笑
でもそんなに買ってないですよ。
地元でも値段の変わらないものは買わないですし、
100円で買えるものは100円で、
リサイクルで良いものはリサイクルです!

帰って、4時間くらいずっと店をまわっていたことを夫に話したら、
ひと言「オタクじゃん」と。
そんなことないですよ…!
料理好きで経費削減中であれば、みんなそんなもんです!笑
[PR]

by suzunokicafe | 2009-06-05 23:48 | 厨房関係  

洗剤のこと

何年も飲食店で働いていますので、
冬になると手がボロボロになります。
強い洗剤と油をながすためのお湯が原因でしょう。
営業中は忙しいので洗剤をたくさん使って、
お湯もたくさん使ってどんどん洗い物をします。
そういうお店には、グリース・トラップ(油を配水管に流さないように止めるもの)が
ついているのですが、それでも絶対に流れていますよね…。

家庭でどんなに環境にやさしい洗剤を使ってみても、
大量に汚水を流すお店で、もっとずっと強いものを流していたら
まったく意味がないと思うのです。

そこで、環境に良い洗剤を探してみると、
なんと茅ヶ崎にあるではありませんか…!
海洋タンカーの事故処理研究から開発された洗剤、
「海へ」と「森と」。
油に強く、他の多くの洗剤が油を溶かす(というより伸ばす)ことで落としているのに対し、
こちらは油をキャッチして汚れをとるのだそうです。
(大手の洗剤類はたいてい、しばらくすると油と洗剤に分離してしまうのです。)

そして、この洗剤の一番のポイントは1日で97%生分解、7日で100%生分解すること。
(蛙のマークのフロッシュでさえ、98%生分解されるのは排水されてから19日かかるそうです。)
できるだけ海をよごさないことは、今の時代を生きるには必須。
そして海の街、茅ヶ崎では特に考えさせられるところです。

この洗剤を作っている会社は『がんこ本舗』
主に環境を考えた洗剤を作っている会社ですが、
他にも地球にやさしいことをたくさんしているようです。

相談をしてみたところ、業務用としてはまだあまりやっていないとのこと。
とりあえずサンプルを使ってみて、できそうなら是非取入れたいです。
『がんこ本舗』さんも業務用は研究中らしいので、
もし私が上手くいけば他にも業務用で、
地球にやさしい洗剤を使ってくれるお店がでてくるかもしれません。

これからの飲食店、
きちんと考えることの出来るお店でありたいものです。
[PR]

by suzunokicafe | 2009-05-27 23:23 | 厨房関係  

昔ながらの高級フレンチや
専門的なパティスリーなどでは
銅鍋を使います。

銅は熱伝導が良く、均一に火が入るので良いのですね。
私も職場ではデザートのクリームや生地を作る時は銅鍋を使っていました。
厚手の銅鍋は非常に重く、しかも高価。
欲しいけど、難しいですねぇ〜。

先日研修に行った堀口珈琲さんは銅の細口ケトルで珈琲を入れていて、
とても使いやすかった…というか気分が良かったです!
でもあとからカタログで似たようなものを探したら、
やはり良いお値段。
ステンレスから始めます…。

でも、実はひとつだけ銅製品との素敵な出会いがありました。
湯沸かし用の大きさの銅のやかん。
鎌倉の骨董屋さん(昭和レトロ)で、ほとんど使っていないような
きれいなやかんがお手頃価格で売っていたのです。
取手と蓋の持ち手は木で、他は銅。
なかなか素敵なフォルムです。
珈琲用にちょうど良さそうなので買いました。

これでお湯を沸かしながら、
オーダー分の湯を細口のケトル(ステンレス)に移して
珈琲をいれるのです。

これで少しは
日々の業務が優雅になるでしょうか。笑
[PR]

by suzunokicafe | 2009-05-18 21:30 | 厨房関係  

調理道具のおさがり & 諸々

今日は、昔大変お世話になっていた師匠(?)に会いに行きました。
いらなくなった調理器具等をまわしていただけるとのこと…!
鍋はもちろん、ボウルやバット等もひとつひとつ買うと結構するので、
大変ありがたいのです。
業務用の調理器具はそう簡単に壊れたりしないので、
おさがりおさがりリサイクル、で繋いでいくことが出来るのですね。
内装ができたら収めてみて、足りないものを買う形にしようと思います。
本当にありがとうございました…!
私も後輩ができたら、出来ることはなんでもしてあげようと思いました。
こうして良いサイクルと作っていければ良いですね^^


その後はもうすぐご近所さんになる
茅ヶ崎元町の『スタンディングバー・ダン』さんの3周年パーティーに!
ダンさんはショップカードのイラストを描いてからのおつきあいですが、
とても素敵なオーナーさんのお店です。
1年、2年、3年とお客さんや状況にあわせて、
常によりよく改良され、今も人気のお店です。
はじめに決めたことだけをよしとせず、
臨機応変に対応していく姿は、
「ポリシーを持ちながらも進化していく」お店として
とても勉強になります…!
これからは近くなるので楽しみです。


あ、それからお昼までは月に一度の料理教室でした。
料理教室は生徒さんを通じて、
料理業界以外の人の興味や疑問が分かるので面白いです。
やはり一般家庭の人が、食に興味を持ってくれないと
お店は続いていかないと思うので、
みなさんに「料理」の楽しさを伝えようと頑張っています。笑
余裕ができたらお店でも料理とかワインの教室もやってみたいです!

そんなこんなで今日は人に会う日でした。
明日は家の大掃除…???
[PR]

by suzunokicafe | 2009-05-16 22:43 | 厨房関係  

予算配分

ガス屋さんからガス機器と工事の見積りがきました。
来週中には内装工事のための解体も始まり、
それを見たうえで、工務店さんからも細かい見積りがきます。
看板を頼んでいるアイアン・ワークの作家さんからももうすぐ届くでしょう。

いろんなところから見積りがどんどん来るわけですが(苦笑)、
はじめにどの部分にどの程度お金をかけるか、かけていいかを
自分の中で決めておかないと見積りをうまく見ることができません。

私はあまり数字に強い方ではありません…
ですが、やはり一番始めに全体の予算があって、
その中で大まかに振り分けてはあります。

何冊か本を読んで勉強したのと、自分で必要だと思ったものの分類によると、

-内装、外装
-厨房機器
-インテリア
-食器類
-調理道具
-宣伝ツール(看板、HP、ロゴ)
-紙系(メニュー、ショップカード、お知らせのはがき等)
-事務用品やレジ周り
-食材関係、試作
-その他

こんな感じに分け、その中でまず大きなものから値段をしらべて大まかな予算配分をしました。
そうすると、自分がどこにお金をかけたいかが見えてきて、
使ったお金とその部門に残っている予算も見えます。

衝動買いの可能性の高いアンティークものは、
あらかじめ予算を頭に入れておけば「よし、これ買います!」と言えますし。笑

予算を組むというのは、外から見ればあたりまえのことですが
実際に、お店をやろう…!と思った時には物事が一気にすすむので、
進める前にきちんと管理しておくことが大切だと実感しました。

でも、実際に見積りをもらってみると、予算を伝えたつもりが思ったより高かったりすることも…
予算をひとつひとつのものに対して言っていた場合、消費税とか取付け工事とか、
倉庫保管費などが抜けているんですね。
あ…と、思ってもそこは仕方がないので他とのバランスをみて考えたり、
もう一度値段を交渉したり。


とにかく「ここはゆずれない」というところを決めておくと、
値段のメリハリを付けることができるようです。

私の場合は、お店の雰囲気が第一。
(全ての素材の質を良くしたいのは山々ですが、それは予算の許す範囲内で…)
お店全体のバランスがよく、おちついた感じにすることが大切です。
器やお客様の周りのものはあまり安っぽくしたくありません。
そのかわり、調理器具や裏の(味に影響がない)ものは中古や安いお店で探したり、
ゆずっていただいたり…。
欲を言えば、性能のいい素敵な調理器具に囲まれて仕事したいですけど…
それはとりあえず我慢して、後々手に入ればいいか…と。

工事が始まると、平行して細かい買物を始めなければいけません。
それまでにもう一度予算編成の見直しをします…!
[PR]

by suzunokicafe | 2009-04-23 23:29 | 厨房関係  

厨房機器やさん

今日は戸塚にあるリサイクルショップへ
中古厨房機器を見にいきました。

そこへは紹介で行ったので、中古とはいってもメンテナンスや
保証等、品質もきちんとしている感じでなかなか良いお店でした。

あらかじめ厨房の間取りも決めて、
欲しいものと大きさがはっきりしていたので
話はスムーズに。
ネットでいろいろ調べて相場もだいたいわかっていたので
欲しいものはすぐに契約しました。

初めて行ったというのに運が良く、
欲しいサイズのコールドテーブル(上が作業台になる冷蔵庫)と、
製氷機、シンクが思った通りくらいの値段で、
思ったより新しいもの(2008年とかあるんですよ!)が手に入りました。

あと必要なのは作業台とシンクをもうひとつ。
これらは丁度良いサイズがでるまで待とうと思います。


中古屋さんで買うと、故障などのときに困るというのですが
ちゃんとしたお店ならば、そういう時のバックアップなどもあるようです。
信用のできる人に紹介してもらうのが良いようですね〜

他にもいろいろあったので
また行ってみようと思います!
[PR]

by suzunokicafe | 2009-03-11 23:12 | 厨房関係