カテゴリ:作家・お店( 12 )

 

土鍋:陶芸家 飯田浩丈さん

今朝は茅ヶ崎、赤羽根の陶芸家さんに会いに行ってきました。
『赤羽根陶芸倶楽部』を主宰されている陶芸家、飯田浩丈さんです。

以前撮影のための器をお借りしたのがご縁で、
我が家のごはん炊き用土鍋は飯田さんの作品。
すっきりした形と大きさで使いやすく、
何より美味しいごはんが炊けるのでとても気に入っています。
それに、お店で使うのならば使い慣れたものが良いな…ということもあり、
今回大きめの土鍋を作ってもらうことになりました。
(我が家には炊飯器というものはありませんので、
いつも飯田さんの土鍋でごはんを炊いているのです…!)

そうそう、
はじめの頃にちょこっとお話しましたが、
ランチはパンではなくごはんでやるつもりです。
コンセプトが地産地消なので、
できるだけ国産のもので出したい、できれば湘南、茅ヶ崎のもの…
ということで小麦粉より米なのです。
ちょうど、私がチームに入っている『おいしい茅ヶ崎』でも今年度は「お米」がテーマ。
(私もお米レシピで連載しています^^)

ずっとフランス料理ばかり勉強してきたので、
フランスの田舎料理でごはんに合いそうな煮込み系や
カレーのような感じのランチを出すつもりです。


そういうわけで、土鍋が必要。
炊飯器で炊いたのではまったく味が違ってしまいます。

実は土鍋は2つありまして、
ひとつは以前珈琲カップを購入した伊集院さんのもの、
そしてもう一つを今日飯田さんにお願いしてきたのです。

黒い土鍋2つ。
でも全く違う形!
本当に器は「その人」がでますね。笑

出来上がったら紹介したいと思います^^
[PR]

by suzunokicafe | 2009-05-14 23:44 | 作家・お店  

造園:庭づくり 湧風(ゆうふう)

さてさて、今度は外観です。

お店作りだとどうしても内装とかインテリアのことばかり考えてしまいがちですが、
とくに1階の場合、外観の緑のイメージはとても大切ですね。
ただ、これもまた植物に詳しい人でないとどこをどうすれば素敵に見えるのかさっぱりです。
勉強のために茅ヶ崎や鵠沼界隈の素敵なお宅を意識してみるようにしているのですが、
「素敵だな〜」と思うばかりで木の名前も花の名前もほとんどわかりません。。。

興味はあるんです。
イングリッシュガーデンなんて昔から好きですし、
可能なことなら我が家のベランダも緑で溢れかえるようにできたら…とは思います。
ただ、きれいにするためにはやはりひとつひとつの植物の特性を知っていなくてはならないのですね。
湿気が好きとか乾燥が好きとか、日がたっぷりあたらないといけないとか…。


もうお手上げなのでこれもまたプロの方にお願いすることにしました。
お世話になっている方が自信をもって紹介してくれた藤沢の造園やさん、
『庭づくり 湧風(ゆうふう)』の遠山さんです。
「湧風」とは、庭づくりにおいて、植物や石の力を借りながら、
そこから湧いて来るものや、新しい風の流れをイメージている言葉だそうです。

なるほど、遠山さんとは今日初めて現場でお話しをさせていただいたのですが、
場所をみるとどんどんイメージが膨らんでくるようで、
こんなのは?こうやったらどうか?と様々な角度からいろんなご提案をいただきました。
すずの木の場所はとにかく日当りが悪いので、
日影でも元気に育つものを中心に選んでいきます。
今日はまず、いくつもの写真の中からどんな雰囲気が好きかを選びました。
それを踏まえて、今度は合いそうなものをご提案いただくことになります。
だいたい決まっても、植える時はその場でのバランスを考え、
ひとつひとつの植物にあわせて植えていくそうです。
まさに、「湧風」ですね。


ところで、今日知ったことが…
窓の前に小さなテラスがあるのですが、
そこはテーブルやイスを出す程広くもないし、植物を並べるだけのベランダとしてはちょっと広いなぁ、というくらい。
しかたがないので、プランターに植物を植えて並べようと思っていました。
ところが、遠山さんから「ここを全部土にしてしまうという考え方もある」という意見をいただきました。
それもおもしろいな…と思ったら、
このビルの2階で仕事をしている叔父が「ここは昔は土だった」と!
なるほど〜。
花壇として作ってあったならあの大きさは理解できます。笑
多分ここを使っていた祖父は、日当りが悪いから花壇にするのをやめてしまったのですね。

そうすると、煉瓦をはずすと下は土かもしれません。。。

ちょっとどうなるのか楽しみです^^
[PR]

by suzunokicafe | 2009-05-08 22:57 | 作家・お店  

ハーブ:アールグレイ

今日は茅ヶ崎の「アールグレイ」さんに、ハーブを買いに行きました。
アールグレイはこの辺りでは一番のハーブの専門店。
苗木やドライハーブはもちろん、アロマオイル、エッセンスや本まで
ハーブのものをたくさんそろえているお店です。
オーナーご夫妻もとても親切でいろいろと教えてくださるので時々顔を出しています。

今回、私が探しに行ったのはハーブの苗。
ハーブティーにしたり、料理やデザートのアクセントにしたりするハーブを
そろそろ育てないと間に合わないので急いで買いに行きました。
(本当はもっと春先から育てようと思っていたのですが…)

ハーブティー用はミント3種類、カモミール、レモンバーベナ、レモンバームなど。
そして料理用にバジルやイタリアンパセリ、ディル、チャービル。
もちろん、ローズマリ−とタイムも買いました。
ルッコラなども売っていたのですが、伊藤さんのところでも作っているし…
野菜系はプロに任せることにしました。

とりあえず庭(実家の…笑)のいろんなところに植えて待つことに。
夏までにミントは少しは増えるかな…。
バジルは早めにペーストなどにしてしまおうか。

ハーブの楽しい使い道を考えます^^
[PR]

by suzunokicafe | 2009-04-29 22:51 | 作家・お店  

松本の喫茶店:珈琲まるも

松本のつづきです。

先日の日帰り旅の一番の目的は、松本にある古い喫茶店「珈琲まるも」でした。

創業50年くらいの古いお店ですが、松本民芸家具をはじめ、電気や食器なども民芸の素敵なものを使っていてとっても味があります。
(松本民芸家具の創設者の方が設計したそうです。)
すずの木を民芸喫茶にしたいわけではありませんが、雰囲気はとても好きなので
何か勉強になれば…と思ってでかけました。
内装の色合いは(松本民芸家具が黒っぽい茶なので)かなり濃い色ですが、
床は少し明るめの色で、そしてなんと、すずの木でやろうとしている床、そのままのようでした。
(木の素材は違うかもしれませんが…私にはわかりません。苦笑)

さすがに古いお店なので、床板は歪んだり色がちがったりしていましたが、
それはそれで時が刻んだ味があって良かったです。
たくさんのお客さんがこのお店で過ごしていったのだなぁ…と思うくらいで、汚いようには思えませんでした。
予想外にすずの木の床の雰囲気をみることが出来てしまい、良かった^^

至る所に本棚等の家具があり、画集や音楽集が並んでいるのも参考になりました。
アイディアとして良いな…と思ったのは、雑誌や新聞と一緒に虫眼鏡も置いてあったこと。
薄暗い店内なので、少し目が悪いと何かを読むのは大変ですものね。

すずの木は茅ヶ崎なのでもう少し明るいイメージにしますが、
夕方はきっと本を読むのが難しい方もいらっしゃることでしょう。
簡易眼鏡とか虫眼鏡など(市役所みたいですね…)、用意してみようと思います。

老舗は勉強になりますね…!
[PR]

by suzunokicafe | 2009-04-22 23:19 | 作家・お店  

設計士という仕事:木津潤平建築設計事務所

本来ならば設計士さんやデザイナーさんをとおして
話を始めるのが普通だと思います。

私ももちろん出来ることならそうしたかったのですが、
予算の問題と空間を思いっきり変える予定がなかったことから
今回ははじめから工務店さんとのやりとりにしていました。

しかし…
煮詰まってくるとなかなかこれが難しい。。。
私のイメージのモヤモヤしたものを
実作業をする工務店さんにどう伝えればいいのかわからないのです。
雑誌とか、参考の店等もありますが、
それをぱっとみて木の素材等が分かるわけでもありませんし、
実際このあたりには私の作りたい感じのお店はあまりないのです。

空間の作り方、
視線の動き、見え方、動線。

そんなことをふまえていろいろと相談できて
それを絵にしてくれる人が必要なんですね。
(「絵」といってもなんとなくのものなら自分でも描けるかもしれませんが、
実際の雰囲気をつかむためには、寸法がしっかりしていないといけないのです。)


いろいろ考えましたが、
やはりここはプロを頼ろう…と
知り合いの設計士さんにお願いしました。

『木津潤平建築設計事務所』さん。

この段階からですので、設計ではなく
イメージをかたちに、つまり「模型」を作っていただき、
その後アドバイザーとして相談にのっていただくことになりました。
こんな突然のお願いをこころよく引き受けてくださり
非常にありがたいです。


これで、工務店さん、家具屋さん、設計士さんと
バランスよく作業が進んで行くことを願っています。

よろしくお願いいたします。
[PR]

by suzunokicafe | 2009-04-09 23:34 | 作家・お店  

古家具:そうすけ

鎌倉、由比ケ浜にある古家具やさんで、
私の大好きなお店のひとつです。

「そうすけ」さん。

前から気にはなっていたのですが、
家具ってそんなにしょっちゅう買えるものではないので
前回の引っ越しの時に
「チャンス!」と思って食器棚とかテーブルとかを買いに行った…
そんなお店です。

素敵なものが、というか
好みのものがたくさんあります。
お店の方もさっぱりとした素敵な方です。

「すずの木」を作るにあたって
またこちらのお店とおつきあいができることも嬉しいのです。


古いもの、大事に使いたいですよね。
[PR]

by suzunokicafe | 2009-03-31 17:50 | 作家・お店  

もやい工芸

昨日もお店の帰りにもやい工芸へ寄りました。
鎌倉駅から銭洗弁天を目指して登って行く途中の
トンネルを抜けたあたりにあるのですが、
今の職場は山の上なので(笑)、帰り道だと下りながら立ち寄れるのです。。。!

だいぶ前から母と一緒に行っていたお店で、
民藝では有名な素敵なお店です。
いつもは食器棚の空きスペースとお財布と相談しながら
ひとつ、ふたつ買うくらいなんですが
この機会に何か欲しいなぁ、と思ってグラスを買うことになりました。

「民藝」っていうのは、作家ものとかブランド品と少し違って
基本的には昔から生活の中で使われてきたものの「美」だそう。
もやい工芸にある器は基本的にぽってりと厚いものが多く、
業務用にも耐えられそうです。

パフェグラス、注文しました。
特注!笑
グラスだけでおいしそうなパフェになるかも。。。
[PR]

by suzunokicafe | 2009-03-27 23:49 | 作家・お店  

farmer's wagon:伊藤さん

数年前から何かと縁のある
茅ヶ崎の農家さん、伊藤さん

もし自分がお店をやることになったら
絶対にお願いしようと思っていたので、先日ワゴンにご挨拶に行ってきました。
伊藤さんは茅ヶ崎のラチエン通りで「farmer's wagon」という
直売所を出しています。火曜日と金曜日。

家からも駅からも遠く、我が家には車もないので
なかなか買いに行けないのですが
時々気合を入れて鵠沼から自転車で顔を出しに行きます。。。

伊藤さんは有機のこだわり野菜を作っている方なのですが、
私にとってはそれ以上に
季節の野菜を露地で作っていることや
伊藤さんご自身が料理に興味があることが嬉しく、
いつもいろいろお話しを聞かせてもらっているのです。
食材の、はじめのはじめのところに携わる人たちのお話しは
とても興味深く、勉強になります。

伊藤さんの野菜は、
季節のその時々のものしかありません。
冬にトマトはないし、
夏に白菜はないのです。

だから私は、
そういう自然に逆らわない食材で
料理を作りたいと思っています。
[PR]

by suzunokicafe | 2009-03-22 17:58 | 作家・お店  

陶芸家、伊集院真理子さん

お店オープンまで毎日ブログ!
と、思っていたのに早くも挫折です…

というのも、今週末は昼間は仕事、
夜は陶芸家の伊集院真理子さんの陶器バザーのお手伝いをしていたので
帰宅すると気力が…。

伊集院さんは、先日コーヒーカップのことでお話した作家さんです。
平塚(というよりほとんど大磯)に窯を持ち、
全国を飛び回るように展示をしているパワフルな方なのです。
彼女の作品の素敵なところは、
使われている姿を思い浮かべながら作ってあるところではないかと思います。
大きな模様とか、ゴツゴツしたお皿なんかを見ると
ちょっとハデかなぁ〜、と思うのですが、
料理を盛ったり、花を生けてみると…とてもとても素敵なのです。

すごいなあ。

こちら、バザーの風景をちらっと。

b0160294_22525734.jpg



なんだかんだいろいろ買いました。
コーヒーカップ、カフェオレ用の大きめのカップ。
グラタン皿。

そして…大きいものも!
さてさて何でしょう?
今オーダーメイドで作ってもらっているので
出来上がったらお話します^^
[PR]

by suzunokicafe | 2009-03-15 22:57 | 作家・お店  

家具 : inu it furniture

家具はお店の顔になるので、しっかり決めないといけない。

かといって予算もあるのでどうしようかと思い…
結局注文家具+アンティークの組み合わせになりました。

まず、一笑さんで椅子を手に入れ、
それに合う雰囲気でテーブルなどを家具屋さんに作ってもらいます。

家具屋さんは茅ヶ崎のinu it furnitureさん。
作品のやさしい雰囲気が気に入ったのと、
やはり地元の方に作ってもらいたかったから。
こちらの希望する雰囲気や予算に合わせて考えてくれる家具は、
大手メーカーのものと違い、今から愛着が湧いてきます。笑

注文家具は時間がかかるので、早いうちに相談をし、
来月辺りから細かい相談等がはじまります。
作るのはそれより後だそうです。

どうなるかな。。。
[PR]

by suzunokicafe | 2009-03-06 00:21 | 作家・お店