ガス屋さん:カナエル

今日はガス屋さんと現場での打ち合わせでした。

ガス屋さんは私が料理教室をしているご縁で、
横浜にあるカナエルさんにお願いしています。

今日はダクトを着ける位置、排気管の出し方などを決めるため現地にいらしたのですが、
壁を壊さず中の骨組みを見るためには「金属探知機」を使うんですね!
あれも七つ道具なのか…おかげで予定していた位置に鉄筋があることが分かりました。
結局壁に穴をあけることは無理だろうということで、
窓をひとつ塞いで、そこに金属の板を貼って穴をあけて管を通すのだそうです。
なるほど。

当初、すずの木の周りの店舗を調べてみたところ、
みんな排気管は屋上の方へあげて、うえの方へ排気しているので
そういうものか…と思っていました。
でも、よく考えたら「ラーメン横丁」。
周りはみんな油をたくさん使う中華屋さんなんですよね。

私はランチ数品とデザートくらいなので家庭用のダクトで十分。(揚げ物もしないし。)
と、なると今度はパワーが弱いので屋上へは持っていけないそうです。

結局普通に外に出すことになりました。
確かに、見えるところの方が汚れも見えて、掃除もしますしね…。

いつも、料理教室へ行くと笑顔でニコニコ挨拶してくださる社員さんたちの
「仕事の姿」を垣間見ることができました。
いろんな仕事がありますね、ホント。
[PR]

by suzunokicafe | 2009-04-16 22:55 | 内装など  

<< スパイスラック コメントについて >>